SiteMap

求人を見ると日本の将来が心配になります

電話中

私が毎週月曜日にチェックするのが新聞の求人情報です。今仕事を探している訳ではないですが、何となく気になって見てしまいます。その時に感じるのは、圧倒的にアルバイト、派遣などの非正規雇用の求人が多く、正社員が少ないという事です。私が地方に住んでいるという事もありますが、10年前に比べると状況は深刻です。政治家は同一賃金同一作業と言っていますが、これはなかなか難しいと問題です。
私の知人にテレビ局で経理の仕事をしている方の奥さんがいるのですが、夫が「派遣は楽だ」と言っていると話していました。その時は深く考えていなかったのですが、やはり必要じゃなくなったら簡単に辞めさせられるの意味でしょうし、お金の面も大きく関わっていると思います。経営者側がそのような考えを持っている以上、同一賃金同一作業は夢のまた夢の話になってしまいそうです。
最近のニュースで非正規労働者の7割が年収200万円に届かず、どんどん格差社会が広がってと読みました。若者がモノを買わない、車離れと良く聞きますが、そうなるには将来への不安があるからではないかと思います。観光客を増やし、中国人などの爆買いで景気を潤わせるのも悪くはないですが、これからの日本の事を考えると「大丈夫?」というのが私の本音です。何とか経営者の方にも今よりも先の事を考え、アルバイトや派遣だけではなく正社員の求人を増やして欲しいと思います。

眼鏡の男性

急に求人が増えても・・・

アベノミクスの影響なのでしょうか。現在、新卒学生の就職状況は良好で、学生さんたちは就職氷河期で苦しんだ先輩たちとは違い、恵まれた状況におかれている様です。…

MORE ▶

Sub menu